痛くない脱毛・減毛「光照射」とは?

自分流の脱毛は肌へのダメージが大きい

ムダ毛の処理は女性なら誰しも日常的に行っていますよね。今は男性も…ムダ毛ケアに余念がないのが一般的になっているようです。そんなムダ毛の処理、自己流に頼りすぎていませんか?ムダ毛がなくなってもお肌が黒ずんでしまったりボツボツになってしまっては元も子もありませんよね。

自己処理がなぜいけないか?というと

・毛抜きで無理に抜くと肌だけでなく毛穴にも負担がかかる

・カミソリで処理すると皮膚の表面までけずってしまう

・肌へのダメージが繰り返されることで黒ずみ(色素沈着)が起こる

・ムダ毛処理のたびに1本1本が太くなる

・毛周期を考えずに脱毛するため効果が低い

自己処理は簡単で費用も抑えられるため手っ取り早くていいのですが、肌へのダメージを考えると専門家にお願いする方が良さそうです。

毛周期ってなに?

エステはもちろん、医療クリニックなどで脱毛を行う場合は、この毛周期を見ながら脱毛を行っていきます。だから自分でやるよりも次の毛が生えにくい=効果が高いのです。

成長期:毛根の細胞分裂が高い頻度で行われており毛が非常に伸びる状態
退行期:毛根の細胞分裂が弱まり、成長期が終わり休止期に入るまでの期間
休止期:毛根の細胞分裂が止まり毛が皮膚にとどまっている時期で毛が抜ける状態

(参考サイト:http://www.bijo-datsumo.jp/haircycle-hairremoval-mechanism/

脱毛は毛乳頭と毛の結びつきが強い成長期に行うことで、根元からしっかり抜くことが出来ます。休止期は表面上生えている毛がない状態なので、いずれの脱毛法でも施術することができません。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違い

この2つの脱毛方法の一番の違いは、照射する光の波長の種類の違いです。

・光脱毛:複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する

・レーザー脱毛:単一の波長で集中的に熱を集めて照射する

光脱毛はレーザー脱毛よりも照射する光が弱いため、肌への刺激も弱く痛みが少ないというメリットがあります。

また、光脱毛自体のメリットとしては、広範囲の毛を一気に処理できるため時間効率が良いこと。そして光の波長が長いため火傷のリスクも少なく、レーザー脱毛と比べると光脱毛の方が安全です。

レーザー脱毛に比べると料金が安くてすむ

全身脱毛をしたい方にはこれが一番のメリットかもしれません。レーザー脱毛に比べれば料金は安くてすみます。季節ごとのキャンペーンなどを利用すれば、かなり費用を抑えることができますね。

光照射(脱毛・減毛)コース

ワキ      20分   500円

両脚360度  60分 8,000円

両腕360度  45分 5,000円

関連記事

  1. 美容マニアは知っている、「インディバ」ってどんなことにいいの?

  2. まるでプチ整形に匹敵する「メソポレーション」って!?

  3. 初夏のアロマーこの季節に身体を目覚めさせるアロマは?ー

  4. 噂の「美脚トリートメント」ってどんなことにいいの?

  5. 輝く美肌に「光フェイシャル」

  6. 未来型人間ドック!? 簡単に身体の不調を測定・調整する細胞ナノスキャン…